タイヤがパンクしたとき

| 未分類 |

走行中に急にタイヤがパンクしてしまったらとても、あせりますよね。しかしそのような時は慌てずに対処することが大事です。
まずは何より、安全な場所に退避することです。周りの車の状況をうかがいながら、路肩まで車を寄せましょう。
近くに空き地などがあるなら、そこに非難することが出来たら尚更、安全です。

 

 

安全を確保できたら、パンクした場所の交換をする準備を整えましょう。
ジャッキにスペアにレンチと言ったものを準備して作業に取り掛かります。
ジャッキアップする際は足場がしっかりしている、場所を選ぶことが重要です。
足場が不安定だと、ジャッキが倒れるなどして思わぬ事故に繋がりかねないからです。
そしてまず、ジャッキアップする前にナットを緩めておきます、そうしないと後で緩めようとしても、
空転してしまいゆるめることができないからです。ナットを緩めジャッキアップをしてパンクをしている部分を、
取り外すことが出来たら、それをそのまま安全の為に車の下に入れておきます。
そうすることにより、ジャッキが倒れたとしてもウマ代わりになるからです。

 

そして、スペアを取り付けナットを締めます。この時、ナットは対角線上に締めるとバランスよく締め付けることができます。
交換が完了したら、できるだけガソリンスタンドなどでちゃんとした物に交換するのが良いでしょう。
スペアはあくまで応急処置のためのものだからです。