近年では自動車の性能も飛躍的に向上しているために、古い時代のように急に自動車が壊れてしまうということも比較的少ない傾向にあります。

 

多くの場合で、車検などを受ける際に自動車のパーツ類を交換することによって、2年間は運転することが可能とされているケースも多く見られます。

 

しかし、中には自動車の年式や走行距離数などが多くなっている場合や、日頃のメンテナンスをしっかりと行っていない場合、または不遇によってトラブルが発生してしまった場合では、中には走行中にエンジンが止まってしまうこともあり得ます。自動車が動いている最中に止まってしまった場合では、焦らずに再びキーを回して始動を試みることも良い方法です。

 

この場面で始動することができなかった場合では、速やかに路肩に寄せて停車させることが必要になります。

 

また、走行中ではありますが、例えば信号待ちの際に停止してしまった場合には、速やかにハザードランプを点滅させて、後続車両に知らせることも大切になります。

 

止まってしまった原因がガソリンなどの燃料切れの場合では、近隣のガソリンスタンドに救援を求めることで解決することができ、オーバーヒートなどを起こしてしまった場合では、ボンネットを開けてヒーターを全開にした状態で待機することで、応急措置を行うことは可能です。