バッテリーがあがってしまったとき

| 未分類 |

自動車でのドライブは楽しいものですが、そういうときにいくら気を付けていても途中で事故を起こしたりなどトラブルに巻き込まれることもあります。
中には、バッテリーがあがって車が動かなくなってしまったということもあります。特に、夜間に走り終えてライトの消し忘れでそうなってしまったということはよくある話です。

 
この場合、充電してくれそうな業者さんを探しましょう。JAFに入会している場合は連絡を取ってすぐに代行業者を手配するとよいでしょう。レンタカーの場合はレンタカー屋さんに連絡して、こちらも同じく業者さんを手配することになります。

 
さて、業者さんが到着しましたら、まずフロント側のカバーを開けましょう。そして、業者さんが充電器で電力をチャージします。

 
注意するべきなのはこの後で、エンジンをしばらくの間切らないようにしてください。完全に充電されないままエンジンを切ると再び車は動けなくなってしまします。そうならないように1時間はエンジンをつけた状態で走行しているとよいでしょう。走行中に完全に充電されれば元に戻ります。
あらかじめの対策としては、業者さんを探しておくなりJAFに入会するなどして情報を集めておくことでしょう。